先生がすぐ横にいるので集中力が高まる

マンツーマン指導だから授業に集中できる

学校の授業についていけなかったり、反対に学校の授業だけではもの足りないので、もっと勉強したいという場合は、学習塾に通って学ぶ方法がおすすめです。学習塾は大きく個別指導塾と集団指導塾の2つのタイプに分けることができますが、個別指導塾の最大のメリットとして挙げられるのが、授業に集中できるという点です。1人の先生が大勢の生徒を教える学校の授業や集団指導塾の場合、先生の目が自分1人に向いていないことが多いので、ついぼんやりしたりして授業に集中できないことがあります。その点、マンツーマンの個別指導塾なら先生がすぐ横にいて、常に自分のことを見ていてくれるので、自然と集中力が高まりますしやる気にもつながります。

自分のペースで勉強できる

また、自分のペースで勉強できるのも個別指導塾のメリットと言えます。学校の授業や集?指導塾の場合、自分だけがわからないとまわりの生徒に気を使ったり、恥ずかしくて質問できないことがあります。しかし、個別指導塾ならわからない点があればすぐに先生に聞くことができますし、自分がしっかり理解してから次に進んでもらえます。わからない点をそのままにすることがないので、確かな学力を身に付けることが可能になります。個別指導塾を選ぶためのポイントには、実績の高さや通いやすさ、毎月かかる費用などが挙げられます。数多くの個別指導塾があるので、こうしたポイントをもとにして自分に合う個別指導塾を選ぶようにすると良いでしょう。

高校生の塾代の平均費用は、年間公立で約95000円、私立で約142000円となっており、公立と私立では約1.5倍の差があります。